トップページ >>国・自治体などの公式(特徴)

 

 

 

※おすすめスポットに直接移動(テレポート)するにはセカンドライフが起動している必要があります。

「国・自治体などの公式(特徴)」の検索結果  5件中 1 - 5 件目  1ページ目

検索の見方

 

特徴:国・自治体などの公式

 

 
セカンドライフ ガイド スポット画像
 
アクセスランキング
 
 
ランキングの見方
 

アビス海文台/Abyss Observatory(ミュージアム)【詳細】

 

Farwell(74.79.95)

 

 

海洋・地球科学、海洋生物、海中技術などの博物館。クストーの海洋調査船カリプソ号、ジュール・ヴェルヌのノーチラス号、しんかい6500やトリエステ号などが実物大展示されており、泳ぐクジラやダイオウイカほかの海洋生物を観察できる海中展望台などがある。
 現在はJAMSTECが研究機関等と協力して可視化に関する技術調査に活用している。
着地点の建物内のテレポートハブより、「地球と生命の進化」、「イルカたちの散歩道」、「鯨類博物館」、「氷海生態系」などのテレポート先を選んでください。

 

2010/01/15 |  固定リンク |  コメント (16) |  トラックバック (0)

 
 
セカンドライフ ガイド スポット画像
 
アクセスランキング
 
 
ランキングの見方
 

Virtual Hallucinations(ミュージアム)【詳細】

 

Sedig(26.45.23)

 

 

カリフォルニア大学デービス校による、統合失調症を疑似体験できるブース。幻覚だけでなく幻聴も聞こえるよう作られており、アミューズメントではない淡々とした再現が、かえって圧迫感をあおる。

 

2007/02/28 |  固定リンク |  コメント (0) |  トラックバック (0)

 
 
セカンドライフ ガイド スポット画像
 
アクセスランキング
 
 
ランキングの見方
 

FoE Japan砂漠緑地化運動 (企業)【詳細】

 

Hachikoku yama(62.187.28)

 

 

環境NGO《FoE Japan》のブース。
活動のひとつとして、中国・内モンゴルにおける砂漠緑地化のための募金を募っている。
L$20を募金すると苗木がプレゼントされ、この苗木は八国山を始め、セカンドライフ内に自由に植えることができる(マナーには注意)。
苗木には植えた人のアバター名が記載され、また、少しずつ成長していく。実際、八国山アイランドのスポット周辺は、様々な住人が植えた木々で、緑一色になりつつある。
(L$20は、苗木1本を実際の砂漠に植えることができる金額。集められたリンデンドルは株式会社インターリンクが日本円に換金し、全額FoE Japanに寄付するとのこと)
詳細は以下URLを参照。
http://www.foejapan.org/
http://www.hachikokuyama.net/foe.html

 

2008/01/11 |  固定リンク |  コメント (1) |  トラックバック (0)

 
 
セカンドライフ ガイド スポット画像
 
アクセスランキング
 
 
ランキングの見方
 

バーチャル・ユニセフハウス(その他)【詳細】

 

Hachikoku yama(170.110.27)

 

 

日本ユニセフ協会(東京都港区)にある「ユニセフハウス」をモデルに、ユニセフの活動や世界の子どもたちの現状を知らせる広報活動を行う施設。
ボランティア活動などを支援する《八国山アイランド》シムの3つめの施設。
広報用のパネル展示のほかに、セカンドライフ内からジャンル別にできる募金、フリーアイテムのクマのグッズなどがある。
興味のある分野に、あるいはフリーグッズのお礼として、リンデンドルで気軽にドネーション(募金)してみるのはどうだろう。

 

2007/08/28 |  固定リンク |  コメント (0) |  トラックバック (0)

 
 
セカンドライフ ガイド スポット画像
 
アクセスランキング
 
 
ランキングの見方
 

関西NGO協議会セカンドライフ事務所(企業)【詳細】

 

Hachikoku yama(200.170.25)

 

 

株式会社インターリンクがNPO団体を支援する目的で運営する八国山アイランドにできた施設のひとつ。
関西NGO協議会とは、関西一円の国際協力NGO団体相互の連携を促進するのをその主な活動とする、ネットワーク型と呼ばれるNGO。
廃校風の建物の各教室には、一般の人がどうやったら国際協力に関わっていけるのか、大きく4つに分けて解説してある。
現在、設立20周年を記念した写真展《子どもをとおしてみる世界》を開催中。
今後は、セカンドライフの特性を生かし、一般のひとが世界の現状に興味を持てるようなイベントを行っていく予定。
テレビなどのメディアを通しての情報だけでは「かわいそう」などとの感情は抱いても、いざ自分に何ができるのか、まではなかなか見えてこないが、セカンドライフの特性を生かしたアピールでどこまでそのギャップを埋められるのか、期待したい。

 

2008/01/08 |  固定リンク |  コメント (0) |  トラックバック (0)

 

検索結果ページ:   1 

 

 

あなたもセカンドライフのおすすめスポットを紹介してL$をゲット!
イベントを登録して千客万来!
 

 
 
セカンドライフ
イベントカレンダー
 
 

googleツールバーにSLguideボタンを追加する。
 
セカンドライフ利用者アンケートにご協力ありがとうございました
 
RSSフィード
My Yahoo!に追加
Add to Google
 
 

セカンドライフ ガイド へのリンクには下のバナーどちらかをお使い下さい

セカンドライフ ガイド バナー

セカンドライフ ガイド バナー

 

詳しくはコチラ

 

 

相互リンク
 
 
 
 
 

 

SLguide.jp | 出張リンク(国内) | pixelart | 会社概要 | 個人情報保護方針等